静岡市にある清水港の魅力を伝えるサイト
Top / 清水港とは / 清水港の歴史 The History of Shimizu Port

(English follows Japanese)

清水港の歴史は、遠く西暦600年代(奈良時代)まで遡り、当時百済への救援船がここから出港したとの記録が残っています。 1500年代から1700年代(戦国時代から江戸時代)には、軍事上の要所として、また、海陸の交易地として幕府から重用されてきました。

清水港の近代港湾としての幕開けは、1899年(明治32年)8月4日の開港場指定から始まります。

明治期における蒸気機関の登場や産業の近代化と機を同じくして開港し、お茶の海外直接輸出に始まりました。柑橘類、缶詰、オートバイ、楽器等、静岡県内をはじめとした近隣地域の生産品を中心に、臨海部の工業化の進展に合わせて港域と機能を拡張して行きました。

また、時代の要求によるコンテナ輸送への対応にもいち早く応じ、国内有数の輸出港として成長して行きました。木材、大豆、ボーキサイト等の原材料の輸入港としても、県内及び中部日本圏経済を支え、高度経済成長期の日本で重要な役割を果たしてきました。

The History of Shimizu Port goes as far back as the 7th century. Records exist showing that, during this time, rescue ships bound for the Baekje Kingdom in what is now South Korea were sent from Shimizu. From the 16th through the 18th centuries, when Japan transitioned from its Warring States period to the Edo period, Shimizu served as an army base and was later prized by the bakufu government as a trading hub. 

The modern history of Shimizu started on Aug. 4, 1899, when the port was officially opened for international trade by the Japanese government.

This was a time when Japan's Meiji Restoration was in full swing, with the introduction of steam engines and the modernization of manufacturing. Green tea, citrus fruits, canned goods, motorbikes, instruments and more items made in Shizuoka and neighboring prefectures started being exported abroad. The area around the port was developed for manufacturing, and Shimizu expanded its port area and functions.

Shimizu was one of Japan's first ports to handle container cargo. As it has grown to be one of the nation's top ports for exports, it is also a key location for the import of wood materials, soybeans, bauxite and other raw materials. Supporting the economy of Shizuoka prefecture and central Japan, it played a vital role during Japan's rapid economic growth during the mid-20th century.

港の移り変わり The Development of Shimizu Port

江戸
Edo Period
(1603-1868)
 江戸と大阪を結ぶ重要な港として、米と塩を主に扱い、たくさんの千石船などで賑わっていました。
As a port vital to linking Edo (modern-day Tokyo) with Osaka, many junk ships passed through Shimizu mostly carrying rice and salt.
Edo.jpg
  
明治
Meiji Period
1878(明治11年)現在の日の出マリンパークの周辺に波止場が作られました。
A wharf is built at what is currently Hinode Marine Park (the brick plaza near the pier).
1899(明治32年)外国との貿易が始まります。(開港場に指定)
Trade with foreign countries starts (Shimizu is officially opened as a port by the Meiji government).
1906(明治39年)静岡茶を初めてアメリカに輸出し、お茶の輸出が盛んでした。
Local products such as green tea starting being exported to the U.S. Green tea export becomes very successful.
Tea.jpg
大正
Taisho Period
1923(大正12年)関東大震災では復興に大量の木材が必要になりました。
The Great Kanto Earthquake strikes. Reconstruction requires a tremendous amount of wood material.
昭和
Showa Period

 
 
 
1927(昭和2年)折戸湾に貯木場が完成し、日本有数の木材輸入港となりました。
A lumberyard is built at Shimizu's Orido Bay. It becomes one of Japan's foremost lumber import spots.
Taisho Lumber.jpg
1930(昭和5年)マグロ油付け缶詰の輸出が始まります。
Export of canned tuna begins.
1952(昭和27年)国の特定重要港湾(国が外国との貿易で特に重要だと定めた港)に指定されました。
Shimizu is made a "specially designated port" by the national government (meaning that it has particular importance for trade with foreign countries)

1970(昭和45年)初めてのコンテナ船が入港します。
The first container ships come to Shimizu.
Container.jpg
1982(昭和57年)袖師コンテナターミナルがオープンしました。
Sodeshi Container Terminal opens.
  
平成
Heisei Period 
 
 
 
 
 
 
1990(平成2年)豪華客船クィーンエリザベスⅡ号が入港しました。(この年から清水港に多くの客船が訪れるようになります。)
Luxury cruise ship Queen Elizabeth 2 comes to Shimizu. This paves the way for Shimizu to become a destination for foreign cruise ships.
IMG_0008.JPG
1999(平成11年)日の出地区にドリームプラザやマリンパークなどができ、1日遊べる楽しい港になりました。(開港100周年)
S-Pulse Dream Plaza, Marine Park, and other facilities are built in the Hinode area, making it a fun place for families to spend the day. (100th anniversary of Shimizu Port's opening)
2003(平成15年)新興津コンテナターミナルがオープンしました。
Shin-Okitsu Container Terminal opens.
2006(平成18年)お茶輸出100周年を迎えました。
100th anniversary of the beginning of green tea export.
2009(平成21年)開港110周年の年です。
110th anniversary of Shimizu Port's opening.
2011(平成23年)国際拠点港湾に指定されました。
Designated an "international hub" port by the national government.
2013(平成25年)
 新興津コンテナターミナル第2バースの一部共用が開始します。
One section of Shin-Okitsu Container Terminal No. 2 Berth opens.
2017(平成29年)国際旅客船拠点形成港湾に指定 されました。
Designated a "targeted international cruise ship hub" by the national government.
令和
Reiwa Period    
2019(令和1年)開港120周年を迎えました。
120th anniversary of Shimizu Port's opening.
2020(令和2年)清水港客船誘致委員会は、設立30周年を迎えます。
30th anniversary of the founding of the Shimizu Port Passenger Ships Promotion Committee.
 
清水港客船誘致委員会
  静岡市清水区旭町6番8号 TEL:054-354-2432 FAX:054-353-1022
Copyright © SHIMIZU PORT Passenger Ships Promotion Committee, All rights reserved.