清水港客船誘致委員会

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

客船の紹介

清水港には、平成2年のクイーンエリザベスの入港以来、多くの豪華客船が寄港するようになりました。「走るリゾート」という形容がぴったりな優雅なクルーズは、夢の旅・世界一周クルーズから気軽に楽しめるワンナイトクルーズまで、幅広い選択肢があります。 ここで紹介する客船は、清水港になじみの深い客船です。

クイーンエリザベスⅡ:キュナード・ライン
(1990年2月初入港)
平成2年(1990年)2月、霧雨のけむる清水港に初入港しました。この日、清水港に はQEⅡを一目見ようという9万人もの見物客でにぎわいました。
○70,327トン ○全長293.5m
アスター:トランスオーシャン・クルーズ
(1999年3月初入港)
QEⅡの入港以来9年ぶりに外国籍客船が入港しました。数時間の一時的な滞在ではありましたが、 乗客たち(ドイツ人等)は、埠頭近くの商店街の小さな祭りに参加し、日本酒を試飲したり、踊りの輪に参加するなど、思い思いに清水での時間を楽しんだようでした。
○20,606トン ○全長176m
クリスタル・シンフォニー:クリスタル・クルーズ
(2002年4月初入港)
クリスタルクルーズの第2船として1995年に就航しました。大きさはクリスタルハーモニーとほとんど同じですが、性能はより向上し、船内もグレードアップされています。本格的な大型外国船としてはQEⅡ以来12年ぶりとなった2002年4月の入港日には、クリスタルシンフォニーを一目見ようと約6万人の市民が日の出岸壁を訪れました。歓迎実行委員会では、乗船客・乗務員に対する歓迎事業とともに、草の根の国際交流の場として、小学生が乗務員に船内生活などについて質問できる時間を設けるなど「ふれあい=交流」もテーマに盛り込んだ手作りの事業を各種行いました。子供達と乗船客の記念撮影など心温まる風景が岸壁のそこかしこで見られました。
○51,044トン ○全長238m ○全幅30.2m ○速力20ノット ○乗客定員922名
○1995年建造 ○船籍バハマ
クリスタル・セレニティ:クリスタル・クルーズ
(2004年2月初入港)
○世界で高い評価を受けるアメリカ・クリスタルクルーズ社の客船です。セレニティとは「静穏、静謐(せいひつ)」を意味する英語で、クリスタルのクルーズで得られる豊かな安らぎをイメージして付けられました。命名者は、往年の映画女優ジュリー・アンドリュースさんです。
○68,870トン ○全長250m ○全幅32.2m ○速力20ノット ○乗客定員1,070名
○2003年建造 ○船籍バハマ
ハンセアティック:ハパグロイド・クルーズ
(2007年10月初入港)
「豪華な環境の中で、未開の地を探検しよう」をコンセプトに、南極、北極などの秘境の旅を専門にしています。
○8,378トン ○全長122.80m ○全幅18m ○速力14ノット ○乗客定員184名
○1991年建造 ○船籍バハマ
ブレーメン:ハパグロイド・クルーズ
(2009年9月初入港)
かつて三菱重工で建造され、「フロンティア・スピリット」の船名で世界の秘境をクルーズしていた客船です。
○6,752トン ○全長111.51m ○全幅17m ○速力16ノット ○乗客定員193名
○1993年建造 ○船籍バハマ