清水港客船誘致委員会

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

練習船・帆船の紹介

清水港には、帆船フェア等をとおして毎年多くの帆船が訪れます。セイルドリルや一般 公開、体験乗船会、セイルトレーニング等市民が参加・体験できる行事を通じて港に親しんでいただきたいと思います。 1999年の清水港開港100周年記念「帆船フェア」では、清水港に集合した9隻の帆船を見に、650,000人が集まりました。

日本丸
「太平洋の白鳥」「海の貴婦人」と形容され日本が世界に誇る大型帆船です。その優美な姿は人々に海へのロマンを湧き立たせてくれます。初代「日本丸」と同様、静岡市民には特別な思いを持つ帆船はないでしょうか。
○2,570総トン○全長110m○4本マストバーク型帆船
海王丸
二代目「海王丸」は、新「日本丸」に続き姉妹船として建造されました。海と船を愛する人々の力で再びこの二隻の勇姿を見ることができました。「日本丸」同様、これからも数多くの海の男たち(女たち)を育てていくことでしょう。(「日本丸」との見分けは、船首像とサイドラインで解ります。)
○2,556総トン○全長110m○バーク型4本マスト帆船
オーシャンプリンセス
通常は、清水マリンパーク東側の岸壁から、(株)エスパルスドリームフェリーの‘清水港内クルージング'で活躍しています。英国の財閥ジョンソン&ジョンソン一族のジェワードジョンソン氏が莫大な費用と2年の歳月をかけて建造した豪華帆船です。この帆船の乗船録には、世界的な指揮者のカラヤン氏、イタリアのフェラーリ氏、女優エリザベステーラーなど一流の文化人、著名人が名を列ねています。
○232総トン○全長37m○2本マスト